海外求人を読み解く

欧米などで働きたいと思う人への欧米就職スタディ

メニュー 閉じる

アメリカンドリームがあるか

アメリカで仕事をする為に一体何が求められているのでしょうか。まずあなたが海外で求められている人材にならなければならないということです。コミュニケーション能力、
語学能力、そして、スキルも言うまでもありません。やはり、海外でよりレベルの高い人材が求められています。
更に海外で仕事をすると言うことは、精神的にも肉体的にもタフでなければならないのと言うことです。精神的にも強い人たちが求められています。
海外で就職をすることがメリットばかりではありません。そこにデメリットもあり、そのデメリットに耐えることが出来るのかがポイントです。
アメリカは旅行として出掛けるから楽しいのであって、仕事と生活の場として捉えれば、日本とそれ程変わらず息苦しささへ感じる国なのかもしれません。 アメリカでは物価が安いとは言えません。したがってあなたに待っているのは、日本以上困窮な生活かもしれません。
しかし、可能性を求めるのはあなたの自由です。リスクがあると知っても向かっていくことがチャレンジ精神であり、それが企業に好意的に受け止められる可能性もあります。他の人たちがリスクを回避するなら、向かうことで勝率が高まります。
アメリカでの生活は厳しいかもしれません。しかし、アメリカでの生活は、あなたにとってキャリアアップの方法であり、忘れられない経験となります。そして、アメリカへ行くことが夢であるなら他の人たちに何を言われようとも実現するべきなのではないでしょうか。アメリカにはまだまだアメリカンドリームも存在しているかもしれません。

人材紹介会社と求人情報サイト

アメリカで就職をしたい・・・。やはり方法は人材紹介会社なのではないでしょうか。人材紹介会社、転職エージェントを利用することにメリットがあります。そのような場所に登録をすれば、担当のコンサルタントがつき、あなたの仕事の悩みの相談に乗ってくれることです。
海外へ転職するということは、絶対に不安を伴うことであり、一人で問題が解決して行くよりもコンサルタントと一緒に解決して行く方法が確実に明るい未来へ繋がるはずです。コンサルタントは、企業を渡り歩くプロフェッショナルであり、企業と求職者とを繋いでくれます。選考のプロセスも人材紹介会社を利用することによってスムーズに行きます。そして、企業に対してのちょっと聞き難い質問などは、人材紹介会社のコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。聞き難い質問を企業に直接にしてしまうことは、デメリットなのかもしれません。
人材紹介会社と別に求人情報サイトというものがあります。求人情報サイトと人材紹介会社が一緒と考える人たちもいるかもしれません。 ただし、求人情報サイトの場合、そこは企業が直接に求人を掲載している場所であり、企業とあなたは直接的に関わっていかなければならない場所となります。ただし、求人情報サイトの方がいろいろな職種が掲載されて、可能性を広げることが出来るかもしれません。そのような意味では、人材紹介会社は狭いカテゴリーに縛られ自由性が少ないとも言えます。
幅広い求人情報の中から、自分のペース、スタイルにあわせて仕事を探すことが出来る場所が求人情報サイトと言うことになります。アメリカへ求人となれば、やはり不安もつきものです。その時頼るものは、求人情報サイト、人材紹介会社どちらなのでしょうか。 

海外求人を読み解くお勧め求職サイト
アメリカの求人情報、就職、仕事、転職、派遣ならPASONA N A
海外求人情報、東南アジアの就職・転職ならキャリアリンクアジア

フランス、ドイツはどんな国か

転職がしたい。そして目指すはヨーロッパです。ヨーロッパ系企業の特徴は、日本企業に似ているとも言われています。ヨーロッパも様々な国があり、全部の国がそうではありませんが、特にドイツ、フランスなどは、体質が日本寄りとも言われています。
ドイツ系企業は、日本企業より日本企業っぽいとも言われています。それは、しっかり人と人の関わり合い方を重視している点です。仕事が出来ない人たちがいれば、その人たちを非難する姿勢ではなくて、仕事が出来ないのは、その人たちに向いていない仕事を与えたせいだと判断する姿勢です。
外資とはもっともっと能力主義と思われていますが、ドイツという国の企業は、人情に重きをかなり置いているようです。
フランスの場合どうでしょうか。フランスでも仕事が出来ないからとすぐに人材を切り捨てる意識は薄いと言われています。
フランスでは労働組合の力もかなり強いと言われています。組合が労働者をしっかり守ってくれています。フランスでは、しっかり休日も保護されています。
みなさんは、フランスに五週間までの休日が法律によって許されているのをご存じでしょうか。日本で仕事をしている人たちにとって、休日はおそらく一週間が限界なのではないでしょうか。そのような意味では、フランスもやはり日本以上日本的とも言えます。
ただし、フランスでの日本系企業であれば、会社の規則の基準は日本のものなので、フランスで、五週間もの休暇が全部に期待出来る訳ではありません。フランスで日本の繋がりを依然持ったままでいるのも方法であり、日本を切り捨ててフランスの企業に身を置くのも方法です。あなたにそれだけの能力と気力は備わっているでしょうか。

北欧の国々で仕事をするメリット

北欧で仕事がしたいと言う人たちもいるかもしれないですよね。北欧と言えばデンマーク・スウェーデン・フィンランド・ノルウェーと言った国です。遙かこのような国で仕事をすることは、魅力的と言うもののやはり不安が多くつきまとうものなのではないでしょうか。
名目GDPといえば、それ程ランクは高くはありません。フィンランドとなれば、42位にまで落ち込みます。しかし、 一人当たりGDPで判断すれば、どこの国も上位ランキングされていて、経済的な豊かさを感じさせてくれます。
北欧の国々は、しっかり既に海外を見据えています。なぜなら、人口の少ない国ゆえ、しっかり国として育つ為には、海外に目を向けることが必須条件となります。
北欧の国々の企業は、個人に対して、失業保険や職業訓練システムの手厚い準備が整っています。北欧の国々の企業の特徴を言えば、ニッチなカテゴリーをグローバル展開する点ではないでしょうか。そして、上下関係も多くの企業が日本ほど厳しくなくフラットな議論が展開出来ます。
更に仕事と生活両面のバランスをしっかり企業が重視してくれている点です。自然の力が生活するゆとりを後押しをしてくれているのかもしれません。
この北欧で実際にせかせかせ仕事をしろと言っても無理な話しなのです。労働時間も日本企業と比較した場合、短めな傾向にあります。
イケアも北欧の国々が育てた会社です。そして、イケアも戦略的に日本へ進出して来ました。デンマークのヒュンメル、レゴ、フィンランドのノキアも私達にとって超有名企業です。
ノルウェーでは、 ファストサーチ&トランスファ、ヤラ・インターナショナルASAなど企業が頑張っています。
北欧の国々で仕事をするメリットはと言えば、有休をしっかり重視している会社が多いことです。しっかり休むことも仕事の一つです。だから、会社の中が北欧ではいきいきとし見えるのかもしれません。日本企業のようにギスギスした感じがここにはありません。

アメリカで仕事をする方法

アメリカで仕事をする場合、どのような方法があるのかお話しします。現地企業に採用されることです。それは、留学、インターンという方法を利用しない方法です。海外の企業、または 日系企業の海外支社などに採用される方法です。
そして、やはりビザの問題でなかなかアメリカでの就職は厳しいのです。企業に、絶対にこの人材が欲しいとビザの為に思わせなければならないということになります。
最近では人材紹介会社を通して採用されるケースも増えてきたと言われています。更に方法として日本でアメリカ企業に就職をするという方法があります。まず、その企業の中で実績を積み重ねてください。実績があれは、本社に転籍をもアピールすることが出来ます。
その場合、現状の給料の待遇、プラスαを期待することも出来ます。企業にとっても、素性が判らない現地人を雇用するよりも、能力を知っている社内にいる人間を転籍させた方が、会社の成長にとって大きなメリットです。
まずは、日本においてしっかり実績を作る為に時間をかけて努力をしようではありませんか。 日本企業の駐在員としてアメリカへ進出することも出来ます。
ここでも必要なことはしっかりその企業の中で実績をあげると言うことです。あらかじめその企業に就職する際に、海外での事業展開をチェックする必要がありそうです。海外での駐在員の仕事はキャリアアップの方法なのです。
更にインターンシップという方法もあります。インターンシッププログラムに参加して、留学をしながらそのまま仕事をします。インターンの期間中に仕事の能力を認めさせる事が出来れば、この先積極的に就労ビザのスポンサーをしてもらうことが可能になります。ここには、海外勤務未経験者などが、語学を勉強しながら勤務出来るメリットがあります。

本当にあなたは向いているか

アメリカで仕事をしたいと言う人たちも多くいます。なぜ、アメリカなのでしょうか。日本が嫌でアメリカを目指す人たちもいるかもしれません。現地採用なら、日本では体験出来ないことがいくつも体験出来ます。
ただし、それ程期待が出来ない、リスクの大きな面もひょっとしたらあるかもしれません。待遇面でも日本以下になる場合もあります。アメリカへ出で立つ覚悟も必要ということです。
そして、自分が海外就職に向いているタイプなのか自己分析を行うことも大事なことです。
転職の為にこのようなことを検証してください。今、現状何処かの会社に属している人たちは、一体その会社の何処に不満なのでしょうか。人間関係なのでしょうか。ひょっとしたら人間関係など、何処の会社でも同じ程度起こる問題です。それを対処出来ないのなら、アメリカへ行っても同じなのかもしれないですよ。
アメリカへあまりにも大きな期待を持つのも危険な発想です。更に転職でどのような問題をクリアしたいのかしっかり定めてください。
退職すれば再びリズムに乗る為に、お金と時間を要するものです。転職の為、お金の蓄えはあるでしょうか。 問題は、あなたが企業の求めている人材となることが出来るのかという問題です。
基本、東南アジアでも欧米でも企業が求めているものは語学力とスキルです。
それでも海外で仕事がしたい、海外でやって行く自信を持っている人たちには、人材紹介会社など登録することをおすすめします。コンサルティングしてもらって、転職を断念すると言うのも一つの選択肢です。他社の目で重要なポイントにも気付かせてもらいましょう。
そして、アメリカが本当に自分の期待する国であるのか判断する為に、数週間滞在するというのも方法です。まず現地で旅行とは違うプチ滞在をしましょう。現地の空気を感じ取ってください。

ドイツ企業の体質

ドイツで転職。ドイツで先ず日系を意識するのなら、ニュースダイジェストを読む人たちが多いと言われています。それは、ドイツの情報を日本語に訳しているフリーペーパーです。そしてそこには、ドイツの情報とともに求人情報も頻繁に掲載されます。日本食のレストランなどに置かれているものです。
そして、自分の足でしっかり求人情報をゲットするのであれば、日本人コミュニティが出来ている都市のサークルなどに参加して情報収入することもおすすめします。
更に、人材紹介会社、求人情報サイトに依存するのも方法です。ドイツは、2011年GDPでアメリカ、中国、日本に次いで世界第4位ランクであり、EUでは第1位です。ヨーロッパ経済を牽引している国と言えばこのドイツなのです。
ただし、このドイツもあのリーマンショックでは、大きな不況の煽りを受けました。しかし、その後の景気回復のスピードも実に速かったと言えます。
ドイツという国は、輸出大国であり、国内生産の三分の一を輸出に依存しています。金融や情報通信、自動車、電機機器・・・、ドイツはいろいろなシーンで活躍しています。ドイツへ転職をしたいと思っている人たちにとつて気になる問題は、ドイツ企業の特徴です。
ドイツは、人を育成する風土なのです。だから、日本人もすぐに切り捨てられず長い目で見てくれています。
更にドイツは、仕事とライフバランスを重視する国家です。社風として一人一人の自主性が尊重されていると言えます。年齢に関係なくフラットに議論に参加出来ます。
マイスター制度に代表されるように、ドイツには、じっくり人たちを育成する文化が整っています。これは、日本人とも気質が似ているとよく言われています。だから、日本人のみなさんにとってドイツの転職はそれ程敷居の高いものではないのかもしれません。

フランスで求められている仕事

フランスで転職をする場合、一体どのような仕事が私達を待ってくれているのでしょうか。ここではフランスで日本人募集が多い仕事を直接的ピックアップしてみなさんに紹介をしたいと思います。日本人食のレストランのホールと言った場所では積極的にみなさんの能力を求めています。ホールでの調理補助と言った仕事であれば、特別なスキルが必要な訳でもありません。語学力も日常会話で大丈夫です。このような場所は、人たちの移り変わりも激しく、常に人材不足を真似ているとも言われています。
フランスには日本街とも言われる、サンタン通りがあります。お寿司、ラーメン、うどんなどのお店が並んでいます。やはり、目指すは、この通りかもしれません。
ベビーシッターという仕事も、日本人に求められています。と言うのも、フランスでは、働く日本人女性が多く、子供の面倒を見る為に、このような仕事が求められていいます。保育士の経験があれば、すぐにフランスへとスキルを持って乗り込んで行くことも可能です。ただし、スキルなど必要としないでも、子育ての経験が大丈夫というケースもあり、極々敷居の低い仕事場と言えるのではないでしょうか。
パティシエにも日本人が求められています。料理人としての腕があれば、フランスではいろいろ場所でその能力が求められています。それはやはり美食の国フランスならではということです。
この場合、フランス人オーナーに雇用されるケースと、日本人オーナーに雇用される2種類のケースがあります。
販売職にも日本人の力が求められています。 洋服、菓子、惣菜などなどいろいろ分野で販売能力が求められています。ここでは、フランス語の能力だけでなく英語の能力も求められる場合もあります。

スイスは金融と精密が売り

スイスで仕事をと思っている人たちもいるかもしれないですよね。スイスのマーケット市場は一体どんな感じなのでしょうか。
スイスは非常にお金持ちが多いことでみ有名なのです。おおよそ一割程度の人たちが100万ドル以上の金融資産を保有していると言われています。スイスフランは思っている以上、世界で大きな評価を得ています。そして、お金を象徴としてスイス銀行などもとても知名度のある存在です。スイスで勢いのある産業と言えば、金融業であり、他には観光、精密機械などを上げることが出来ます。金融、保険という業種は、世界全体にも大きな役割を持っています。
しかし、スイス企業のほとんどは、250名以下の社員で構成されている中小企業であることも意識にとめる必要があります。大企業でなく中小規模の会社がしっかりスイスという国を支えています。スイスに転職をしたい。スイスの魅力は、更に給料が高い点なのではないでしょうか。スイスは、一人当たりのGDP世界第4位なのです。経済的に非常に豊かな国と言えます。
アデコ(Adecco)と言う人材サービス企業をご存じでしょうか。アデコ(Adecco)は、なんと本社はスイスだったのです。アデコ(Adecco)はスイスを本社に置き、世界規模で営業利益を上げている会社の一つです。
更にスイスでは、トリンプ・インターナショナル(Triumph International)、クレディ・スイス(Credit Suisse)、ロンバー・オディエ(Lombard Odier & Cie)、 グレンコア・インターナショナル・ピーエルシー(Glencore International plc)、ネスレ(Nestle)、オメガ(Omega)、ロレックス(Rolex)、スウォッチ(Swatch)という会社が頑張っています。精密さが売りのスイスならでは、有名時計企業も名を連ねます。
・・・ただし、いろいろ日本でお騒がせしているシンドラーエレベータ(Schindler Elevator) もスイス企業だったのです。

アメリカはビザが取れない?

海外で転職を考えるなら、どの場所をみなさんはイメージするでしょうか。海外で仕事をする、イコールアメリカと決めつけている人たちも居ます。
アメリカこそが憧れの晴れ舞台なのでしょうか。アメリカで仕事をする為の方法は、駐在員と現地採用があります。駐在員であれば、比較的ビザは取りやすい環境にあります。
しかし、現地採用の場合、このビザの問題も難関と言えば難関です。
ビザが何のためにあるのかと言えば、ビザはすべての状況、人々にとって平等とは言えません。それは、自国の、自国に住む人たちの優位性の為に存在します。他国の人たちの進出によって、自国の人たちの仕事が奪われるような状況であれば、なかなかビザは取得出来ない状況へと陥ります。
アメリカは特に東南アジアなどと比較してもビザの発給に厳しさがあり、その為に、私達がアメリカで仕事をする為の理由付けが必要になって来ます。
アメリカで現地採用として仕事をする場合、就職先の企業より、この人は、しっかり仕事が出来、アメリカにとっても貢献出来る人材などというお墨付きのビザ要請を出してもらう必要があります。しかし、企業もビザをもらう為のプロセスを正直に言えば面倒くさいと思っているでしょうね。採用が決定しても、ビザの関係でスムーズに仕事が出来ないというケースも頻繁に起こります。
アメリカという国は、即転職という雰囲気ではなく、一個も二個も出足はくじかれる場所のようです。そして、必然的に東南アジアと比較して、アメリカで仕事をしたいと言う人たちも少なくなってしまうのが現実です。
あなたはどうでしょうか。それでもやはりアメリカで仕事をしたいと思っているでしょうか。アメリカで仕事をしたいという希望者が少ないと言うことは、またまたアメリカへ進出するチャンスなのかもしれないですよね。

© 2019 海外求人を読み解く. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.