「ヨーロッパ」カテゴリーアーカイブ

アメリカンドリームがあるか

アメリカで仕事をする為に一体何が求められているのでしょうか。まずあなたが海外で求められている人材にならなければならないということです。コミュニケーション能力、
語学能力、そして、スキルも言うまでもありません。やはり、海外でよりレベルの高い人材が求められています。
更に海外で仕事をすると言うことは、精神的にも肉体的にもタフでなければならないのと言うことです。精神的にも強い人たちが求められています。
海外で就職をすることがメリットばかりではありません。そこにデメリットもあり、そのデメリットに耐えることが出来るのかがポイントです。
アメリカは旅行として出掛けるから楽しいのであって、仕事と生活の場として捉えれば、日本とそれ程変わらず息苦しささへ感じる国なのかもしれません。 アメリカでは物価が安いとは言えません。したがってあなたに待っているのは、日本以上困窮な生活かもしれません。
しかし、可能性を求めるのはあなたの自由です。リスクがあると知っても向かっていくことがチャレンジ精神であり、それが企業に好意的に受け止められる可能性もあります。他の人たちがリスクを回避するなら、向かうことで勝率が高まります。
アメリカでの生活は厳しいかもしれません。しかし、アメリカでの生活は、あなたにとってキャリアアップの方法であり、忘れられない経験となります。そして、アメリカへ行くことが夢であるなら他の人たちに何を言われようとも実現するべきなのではないでしょうか。アメリカにはまだまだアメリカンドリームも存在しているかもしれません。

フランス、ドイツはどんな国か

転職がしたい。そして目指すはヨーロッパです。ヨーロッパ系企業の特徴は、日本企業に似ているとも言われています。ヨーロッパも様々な国があり、全部の国がそうではありませんが、特にドイツ、フランスなどは、体質が日本寄りとも言われています。
ドイツ系企業は、日本企業より日本企業っぽいとも言われています。それは、しっかり人と人の関わり合い方を重視している点です。仕事が出来ない人たちがいれば、その人たちを非難する姿勢ではなくて、仕事が出来ないのは、その人たちに向いていない仕事を与えたせいだと判断する姿勢です。
外資とはもっともっと能力主義と思われていますが、ドイツという国の企業は、人情に重きをかなり置いているようです。
フランスの場合どうでしょうか。フランスでも仕事が出来ないからとすぐに人材を切り捨てる意識は薄いと言われています。
フランスでは労働組合の力もかなり強いと言われています。組合が労働者をしっかり守ってくれています。フランスでは、しっかり休日も保護されています。
みなさんは、フランスに五週間までの休日が法律によって許されているのをご存じでしょうか。日本で仕事をしている人たちにとって、休日はおそらく一週間が限界なのではないでしょうか。そのような意味では、フランスもやはり日本以上日本的とも言えます。
ただし、フランスでの日本系企業であれば、会社の規則の基準は日本のものなので、フランスで、五週間もの休暇が全部に期待出来る訳ではありません。フランスで日本の繋がりを依然持ったままでいるのも方法であり、日本を切り捨ててフランスの企業に身を置くのも方法です。あなたにそれだけの能力と気力は備わっているでしょうか。