「アメリカ」カテゴリーアーカイブ

人材紹介会社と求人情報サイト

アメリカで就職をしたい・・・。やはり方法は人材紹介会社なのではないでしょうか。人材紹介会社、転職エージェントを利用することにメリットがあります。そのような場所に登録をすれば、担当のコンサルタントがつき、あなたの仕事の悩みの相談に乗ってくれることです。
海外へ転職するということは、絶対に不安を伴うことであり、一人で問題が解決して行くよりもコンサルタントと一緒に解決して行く方法が確実に明るい未来へ繋がるはずです。コンサルタントは、企業を渡り歩くプロフェッショナルであり、企業と求職者とを繋いでくれます。選考のプロセスも人材紹介会社を利用することによってスムーズに行きます。そして、企業に対してのちょっと聞き難い質問などは、人材紹介会社のコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。聞き難い質問を企業に直接にしてしまうことは、デメリットなのかもしれません。
人材紹介会社と別に求人情報サイトというものがあります。求人情報サイトと人材紹介会社が一緒と考える人たちもいるかもしれません。 ただし、求人情報サイトの場合、そこは企業が直接に求人を掲載している場所であり、企業とあなたは直接的に関わっていかなければならない場所となります。ただし、求人情報サイトの方がいろいろな職種が掲載されて、可能性を広げることが出来るかもしれません。そのような意味では、人材紹介会社は狭いカテゴリーに縛られ自由性が少ないとも言えます。
幅広い求人情報の中から、自分のペース、スタイルにあわせて仕事を探すことが出来る場所が求人情報サイトと言うことになります。アメリカへ求人となれば、やはり不安もつきものです。その時頼るものは、求人情報サイト、人材紹介会社どちらなのでしょうか。 

海外求人を読み解くお勧め求職サイト
アメリカの求人情報、就職、仕事、転職、派遣ならPASONA N A
海外求人情報、東南アジアの就職・転職ならキャリアリンクアジア

アメリカで仕事をする方法

アメリカで仕事をする場合、どのような方法があるのかお話しします。現地企業に採用されることです。それは、留学、インターンという方法を利用しない方法です。海外の企業、または 日系企業の海外支社などに採用される方法です。
そして、やはりビザの問題でなかなかアメリカでの就職は厳しいのです。企業に、絶対にこの人材が欲しいとビザの為に思わせなければならないということになります。
最近では人材紹介会社を通して採用されるケースも増えてきたと言われています。更に方法として日本でアメリカ企業に就職をするという方法があります。まず、その企業の中で実績を積み重ねてください。実績があれは、本社に転籍をもアピールすることが出来ます。
その場合、現状の給料の待遇、プラスαを期待することも出来ます。企業にとっても、素性が判らない現地人を雇用するよりも、能力を知っている社内にいる人間を転籍させた方が、会社の成長にとって大きなメリットです。
まずは、日本においてしっかり実績を作る為に時間をかけて努力をしようではありませんか。 日本企業の駐在員としてアメリカへ進出することも出来ます。
ここでも必要なことはしっかりその企業の中で実績をあげると言うことです。あらかじめその企業に就職する際に、海外での事業展開をチェックする必要がありそうです。海外での駐在員の仕事はキャリアアップの方法なのです。
更にインターンシップという方法もあります。インターンシッププログラムに参加して、留学をしながらそのまま仕事をします。インターンの期間中に仕事の能力を認めさせる事が出来れば、この先積極的に就労ビザのスポンサーをしてもらうことが可能になります。ここには、海外勤務未経験者などが、語学を勉強しながら勤務出来るメリットがあります。