月別アーカイブ: 2014年11月

アメリカで仕事をする方法

アメリカで仕事をする場合、どのような方法があるのかお話しします。現地企業に採用されることです。それは、留学、インターンという方法を利用しない方法です。海外の企業、または 日系企業の海外支社などに採用される方法です。
そして、やはりビザの問題でなかなかアメリカでの就職は厳しいのです。企業に、絶対にこの人材が欲しいとビザの為に思わせなければならないということになります。
最近では人材紹介会社を通して採用されるケースも増えてきたと言われています。更に方法として日本でアメリカ企業に就職をするという方法があります。まず、その企業の中で実績を積み重ねてください。実績があれは、本社に転籍をもアピールすることが出来ます。
その場合、現状の給料の待遇、プラスαを期待することも出来ます。企業にとっても、素性が判らない現地人を雇用するよりも、能力を知っている社内にいる人間を転籍させた方が、会社の成長にとって大きなメリットです。
まずは、日本においてしっかり実績を作る為に時間をかけて努力をしようではありませんか。 日本企業の駐在員としてアメリカへ進出することも出来ます。
ここでも必要なことはしっかりその企業の中で実績をあげると言うことです。あらかじめその企業に就職する際に、海外での事業展開をチェックする必要がありそうです。海外での駐在員の仕事はキャリアアップの方法なのです。
更にインターンシップという方法もあります。インターンシッププログラムに参加して、留学をしながらそのまま仕事をします。インターンの期間中に仕事の能力を認めさせる事が出来れば、この先積極的に就労ビザのスポンサーをしてもらうことが可能になります。ここには、海外勤務未経験者などが、語学を勉強しながら勤務出来るメリットがあります。

本当にあなたは向いているか

アメリカで仕事をしたいと言う人たちも多くいます。なぜ、アメリカなのでしょうか。日本が嫌でアメリカを目指す人たちもいるかもしれません。現地採用なら、日本では体験出来ないことがいくつも体験出来ます。
ただし、それ程期待が出来ない、リスクの大きな面もひょっとしたらあるかもしれません。待遇面でも日本以下になる場合もあります。アメリカへ出で立つ覚悟も必要ということです。
そして、自分が海外就職に向いているタイプなのか自己分析を行うことも大事なことです。
転職の為にこのようなことを検証してください。今、現状何処かの会社に属している人たちは、一体その会社の何処に不満なのでしょうか。人間関係なのでしょうか。ひょっとしたら人間関係など、何処の会社でも同じ程度起こる問題です。それを対処出来ないのなら、アメリカへ行っても同じなのかもしれないですよ。
アメリカへあまりにも大きな期待を持つのも危険な発想です。更に転職でどのような問題をクリアしたいのかしっかり定めてください。
退職すれば再びリズムに乗る為に、お金と時間を要するものです。転職の為、お金の蓄えはあるでしょうか。 問題は、あなたが企業の求めている人材となることが出来るのかという問題です。
基本、東南アジアでも欧米でも企業が求めているものは語学力とスキルです。
それでも海外で仕事がしたい、海外でやって行く自信を持っている人たちには、人材紹介会社など登録することをおすすめします。コンサルティングしてもらって、転職を断念すると言うのも一つの選択肢です。他社の目で重要なポイントにも気付かせてもらいましょう。
そして、アメリカが本当に自分の期待する国であるのか判断する為に、数週間滞在するというのも方法です。まず現地で旅行とは違うプチ滞在をしましょう。現地の空気を感じ取ってください。