月別アーカイブ: 2014年6月

スイスは金融と精密が売り

スイスで仕事をと思っている人たちもいるかもしれないですよね。スイスのマーケット市場は一体どんな感じなのでしょうか。
スイスは非常にお金持ちが多いことでみ有名なのです。おおよそ一割程度の人たちが100万ドル以上の金融資産を保有していると言われています。スイスフランは思っている以上、世界で大きな評価を得ています。そして、お金を象徴としてスイス銀行などもとても知名度のある存在です。スイスで勢いのある産業と言えば、金融業であり、他には観光、精密機械などを上げることが出来ます。金融、保険という業種は、世界全体にも大きな役割を持っています。
しかし、スイス企業のほとんどは、250名以下の社員で構成されている中小企業であることも意識にとめる必要があります。大企業でなく中小規模の会社がしっかりスイスという国を支えています。スイスに転職をしたい。スイスの魅力は、更に給料が高い点なのではないでしょうか。スイスは、一人当たりのGDP世界第4位なのです。経済的に非常に豊かな国と言えます。
アデコ(Adecco)と言う人材サービス企業をご存じでしょうか。アデコ(Adecco)は、なんと本社はスイスだったのです。アデコ(Adecco)はスイスを本社に置き、世界規模で営業利益を上げている会社の一つです。
更にスイスでは、トリンプ・インターナショナル(Triumph International)、クレディ・スイス(Credit Suisse)、ロンバー・オディエ(Lombard Odier & Cie)、 グレンコア・インターナショナル・ピーエルシー(Glencore International plc)、ネスレ(Nestle)、オメガ(Omega)、ロレックス(Rolex)、スウォッチ(Swatch)という会社が頑張っています。精密さが売りのスイスならでは、有名時計企業も名を連ねます。
・・・ただし、いろいろ日本でお騒がせしているシンドラーエレベータ(Schindler Elevator) もスイス企業だったのです。